スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    やっほ〜い!!

    • 2007.05.19 Saturday
    • 18:43
    20070519_366177.jpg
    ようやく『世界のトヨタ』で勝てました〜。泣いたよ、泣いた。

    こだまの中で祝杯です。

    高崎線、帰る頃には復旧していておくれ。


    みなさん、乙。

    GO TO 鬼門

    • 2007.05.18 Friday
    • 22:01
    20070518_365824.jpg
    ほんとは東海地方は悪夢だらけで行きたくないんですが、まぁ仕方ない。

    昨年は全敗だった東海シリーズが今年もまた始まりますよ。

    毎年名古屋には泊まりですが、それがダメなのかと思い、今年はすぐに帰ります。名古屋には1円も落としてやんないw。

    『絶対に勝つ!』という強い気持ちを見せたい。トランス状態でないと勝てないチームは嫌いですが、今年の浦和レッズは少々クールになりすぎてる感じがするからね。


    ではでは、いってきます(^-^)/~~

    羽田着

    • 2007.04.01 Sunday
    • 23:36
    福岡→大分→福岡→羽田

    と1日でこんなに移動した割に、エイプリルフールな試合になっちまいましたが、とりあえず無事に帰ってまいりました。


    来年は土曜の昼に試合しようね(はぁと)。

    ちくしょうめ。

    九石ドーム着

    • 2007.04.01 Sunday
    • 12:46
    20070401_343026.jpg
    外に食い物がないっす…。

    お腹減った。

    天皇杯決勝 浦和 vs G大阪

    • 2007.01.02 Tuesday
    • 08:26
    2冠達成

    初めて西野の気持ちがわかりました。

    彼は1人も選手交代をしませんでした。

    それだけ「このメンバー」にこだわった。ガンバがもう一段突き抜けるために。決勝だからこそ、小細工なしで押し切らなきゃいけない。その気持ちわかります(ガンバサポはわからないみたいですがw)

    選手達は、期待に応えて動き回りました。

    動き回り続ける播戸。
    相変わらず速いマグノ・アウベス。
    マークを外し続ける二川。
    サイドを疾駆する加地・家長。
    小憎たらしいパスを供給し続ける遠藤。
    クレバーな守備で集中し続ける宮本。

    ガンバ大阪、とても強かったです。


    しかし、そこまでやっても勝ったのは浦和レッズ。いやぁ、すいませんねぇ。

    ガンバも相手がうちじゃなかったら優勝できたのに。


    浦和のいつものサッカーは全くできませんでしたし、連携もなにも試合での経験が少ないBチーム。でもギドが伝え続けてきた「どんな事があってもあきらめない」精神力は、いつの間にやらチーム全員に浸透し、本当に勝負強くなった。

    観てても負ける気一切なし。ギドが培ってきたものの確かさを知ってるから。

    怪我人だらけでも頂点に立てる。この差は一見小さいようでかなり大きい。それをわかってるのは西野だけな気もします。コメントを読んでるとね。

    永井。87分失敗し続けても、残り3分で1点獲ればFWとして100点。
    岡野。何か様に愛されすぎ!嫉妬しちゃうw。
    ポンテ。全力で闘ってくれてありがとう。ゆっくり休んでください。
    暢久。来シーズンもその調子で。
    伸二。途中足を引きずっても必死に走る姿に感動しました。
    平川。痛み止めを打ってでも試合に出てくれてありがとう。
    相馬。加地レベルへいこう。そうすりゃ怖い物なしだ。
    啓太。本調子ではなかったですが、抜群の集中力でピンチを何度も防いでくれました。
    長谷部。決勝点へのスルーパス、震えました。
    ネネ。ちょっと危なっかしいけれど、やるときゃやる男。
    細貝。萌がレッズの中心を担う日が待ち遠しい。
    ウッチー。結局最後までねばり強く守ったのはウッチーでした。
    堀之内。ゆっくり怪我を治して、またいっしょに戦いましょう。
    都築。神。

    そしてギド、ありがとう。

    今いない選手達も合わせて、ギドの作った固い結束力がWe are REDSの集大成。「うぃあー」ってよくうらやましがられるのもわかりますよ、他サポのみなさまw。

    知らないうちに、こんなに勝利の女神様をとりこにするなんて、うらやましいぞ、浦和レッズ!!


    さぁ、今シーズンもようやく終わりました。みんなゆっくり休みましょう。差をどんどん広げ、世界へと近づけるように。ガンバなんて待ってる必要なし。



    PS.
    XEROX、本来は浦和Avs浦和Bで賞金独り占めところなのに、しかたなくガンバを出してあげるんだからもうちょっと謙虚にするように。

    ガンバの足りないものって、こっちからみるとよく見える気もしますけどね。

    天皇杯準決勝 浦和 vs 鹿島

    • 2006.12.30 Saturday
    • 15:59
    観てませんw。

    仕事が忙しくて、ビデオすら観れてません。試合にも行けませんでした。ゴールシーンも「浦動」さんで見ました。『あ゙〜!!』っていう悲鳴付きで。いつもありがとうございます。


    じゃ、書くなと言われそうですが、それなりに参戦してましたよ、ラジオで。

    「聞戦」です。


    自分は以前から「ラジオでサッカー聞戦が出来るようになったら一人前」っていう持論を持ってまして、一人前になるべく頑張って参戦しましたよ。仕事しながらコールしてたし。

    でもね、まだまだ半人前。アナウンサーの言ってる事がネガティブにしか聞こえないんですね。

    「ドリブルする内田」とか言われるともの凄いスピードでこっちへ突進してくる姿を想像してしまうし、「田代シュート!!」とか言われるととんでもない田代砲が思い浮かぶし。

    それに輪をかけて不安感をあおるのが解説の宮沢ミシェル。「むわっ!」とか「うぐっ!」とか「う〜゙む」とかいうため息がなんともなまめかしry)、いやわかりづらい。ポンテが点を獲ったシーンなんて、

    アナ :「ポンテ シュート!!」
    ミシェ:「ん゙〜む」
    〜微妙な間〜
    アナ :「決まりました」

    という不思議な空間に。もうね、ほんとに心臓に悪いっす。しかも話を聞けばそこまで気を揉むような試合でもなかったっていうし・・・。

    でもそれがラジオの醍醐味なんですよね。

    自分がラジオのボタンを押し間違えてしまい後半から録音していたんですが、さっきのポンテのゴールシーンを『浦動』さんの映像に重ねてみたらまさにぴったり。ほんとはアナウンサーさんもミシェルもスタジアムの空気を良く表現してくれているんですよ。要は聞いてる俺の想像力。

    来期はコミュニティFMへ放送を解禁するそうですが、ナイスアイデア。試合の緊迫感はテレビよりも一層伝わりますので、もっとたくさんの方に試合に触れてもらえたらなと思います。


    なんだ、この観戦記w。



    とにかく、よく勝った!天皇杯でいい勉強をしてますよ、浦和レッズは。

    元旦、ギドを最高の形で送りだそう。力がみなぎってますよ〜!!

    天皇杯 準々決勝 浦和 vs 磐田

    • 2006.12.24 Sunday
    • 12:22
    上田康太獲ろう、上田。

    相馬はものすごく頑張っていたけれども、足が釣ったり怪我したりしたあとのバックアップがいない。カニ君が左サイドの練習をしているみたいですが、カニ君と競わせるとすごく伸びる気がします、上田。

    うちはお金も余ってるでしょうし、磐田もお金に困ってるでしょうし、どうでしょう、上田は。



    ま、そんな冗談はさておきw、

    1時間弱のPride of URAWAはさすがに堪えました・・・。10時前にはもう疲れ切って寝ちゃった。心から疲れました( ´ー`)フゥー...

    闘莉王・ワシントン・アレ・堀之内がいないのは知ってましたが、スタジアムに来てネネがなぜかいねーと知ったときはちょっとだけ動揺しましたが、でもようやくかわいげが出てきたじゃないですか、浦和レッズ。

    そもそも、考えられないほどうまくなってきちゃったから、かわいげがなくなってきてたんですよ。しかし、不動のスタメンにいつもサブで悔しい思いをしてるメンバーが4人も入ってきて、こりゃあ応援に力も入るってもんです。


    ウッチー。
    準レギュラー扱いにすると怒りそうな知り合いを多数知ってますがw、PKの時に出てきて都築だったのは微笑ましかったです。しかしその次にはウッチーが蹴るんだよなぁという現実に向き合ったときは、ほんとに怖かった・・・。だって、ウッチーがシュート練習してるとこなんて見たことないもの・・・。

    でもほんとうに冷静に決めてくれました。さすがウッチー!


    相馬。
    足が90分以上持たないのはもはやデフォルト?しかし、永井へ上げたコントロールクロスは見事でした。ほんとはあのヘッド、入ってたし。犬塚相手で上下動を激しく繰り返させられてましたが、果敢に攻めていたので昨日は満足なんじゃないでしょうか。できれば3点目を防いでもらえたら・・・。


    萌。
    前半の磐田は気持ち悪いぐらい動き回っていたので、なかなかマークが定まらずに、前田をフリーにしてしまう場面が多々見られました。しかし、磐田が福西が点を獲った時点でピタッと動かなくなったあとは、ようやく持ち味発揮。1vs1に強くなったねぇ。コンビネーションはこれから高めていくとして、まずは1vs1に強くなるのが基本。


    黒部。
    延長で入ってきて難しかったとは思いますが、持ち味を発揮してくれたと思います。フィジカルの強さでボールを奪ってくれた時にはワクワクしました。これからの2試合、黒部の存在がものすごく大きくなるんじゃないかなって気もしてます。


    永井。
    念願のFW。相変わらずオフサイドにひっかかりまくり、あいかわらず失敗すると上を向いていましたが、昨日はひと味違うと感じました。キーパーの佐藤洋平と競り合ったときに足を踏まれたのか、ゴール前でうずくまっていたときのこと。しばらく痛がってたので「もう交代したいのかな」と思ってたんですが、永井はなんとか立ち上がり、もの凄くブサイクに走りながら戻っていったんですよね。写真集を出すぐらい立ち振る舞いに気を使う男がブサイクに。

    それがほんとにかっこよかったなぁ。


    伸二。
    ハーフタイムに呼びかけにプレーで返してくれました。そういう熱い気持ちの持ち主なんですよね、伸二は。2点目のヘッドに込められた気持ち、あれこそがまさに浦和レッズ。怪我してるのに休まないでいてくれて頭の下がる思い。伸二のために絶対に勝ちたいと思いました。



    そんな選手達とレギュラーメンバーの融合でつかみ取った勝利。これが嬉しくないわけがありませんです。天皇杯の醍醐味ですね。あえて福西には触れません(笑)。リーグ優勝と天皇杯を両方獲るには、クラブの底力が問われます。

    ワクワクするわぁ.。.:*・゜从n0^〜^)η゚・*:.。.ミ ☆


    とはいうものの、

    準決勝は仕事で行けません。昨日が今年最後の試合でした。1年間、本当に楽しく過ごさせていただきました。

    そして準決勝、勝っておいらを元旦国立に連れて行ってください。連覇をして、2007年の始まりをみんなで一緒に国立で祝いましょう。

    そのためにはどうしても準決勝。

    みんな、頼んだ!!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    バナーたち

      
     
    REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    綺麗
    綺麗 (JUGEMレビュー »)
    サザンオールスターズ, 桑田佳祐

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM