スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    天皇杯決勝 浦和 vs 清水

    • 2006.01.02 Monday
    • 04:45
    正直、うちのやりたいサッカーができたとは思いませんが、それでも勝利は勝利。うれしいものはうれしい!

    ワーイヽ(´ー`)ノ!!


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    試合は前半、両者拮抗した展開だったと思います。

    清水。主力を欠くと伝えられていてもっと引いてくるのかと思いきや、最初からガンガンガツガツくるので驚きました。清水はマリッチをきっちりとマークしながらディフェンスラインをコントロール、高いラインを保ち、こちらのキーマンのポンテ・長谷部を自由にしてくれません。中盤のスペースつぶしの技はさすがでした。

    とはいえ我が方も作戦が一つしかなかったかつてのチームとは違い、左サイドを起点に何回も攻撃を試みて行きます。アレの出来もよく、久々にスピードで相手を振り切る場面も。しかし、ゴール前にマリッチしかいない癖は相変わらず。2列目に回して獲られるという展開の連続。ミスが多かったですね。

    感心したのが清水の26番の青山。マリッチに競り勝ち、危険なところに顔も出す。体が強く、ハイボールに強く、ミスが少ない。こりゃいい選手だ。名古屋はなぜ・・・??? うちに来ないかな。とっても欲しくなっちゃいましたよ、金満クラブだしw。

    そして、コーナーキックからのこぼれ球をアレが拾い山田へ。山田が適当に上げてw、その跳ね返りをアレがダイレクトで中へ。そしてCKから残っていたホ・リ・ノウチ!

    後でビデオを見たら井原が絶賛してましたね、「FWみたいだ」って。闘莉王はDFっぽい点の取り方ですが、堀之内はFWっぽい。落下点で競り合うのではなく、一歩引いて飛び込んでいく。一番DFが嫌がるプレーを知ってるからこそのポジショニング、素敵です。



    後半。清水がすばらしかったですね。

    ボールをちらし、高い位置でのポゼッションを保ち、正確なつなぎとフィードで何回もうちのゴールを脅かします。でもやっぱりシュートが・・・。

    チェ・テウクが(゚Д゚)ウゼェェェ w。兵藤が怖い。いやあ、勢いあったなぁ。

    これが長谷川健太の目標とするものなのかな。体験できたことは、来シーズンへのいい資料になったと思います。

    そしてそのうざいチェ・テウクに対応すべく、山田を右へ。そしてトップ下に赤星。これがこの試合の最大の勝因ですね。

    清水の攻撃を食い止め、そしてセンスある赤星を攻撃に加えることで厚みも出て、さらに清水を押し込める効果もありましたね。そして追加点。

    これがまた美しい。長谷部→ポンテ→赤星→ポンテ→マリッチとすべて1タッチ。完全保存版にしたいくらい。mixiでこの流れの画像のアニメーションgifを使ったコミュを作りたいぐらいw。

    赤星、シュートははずしちゃったものの、それ以外がすごい。うまい。落ち着いてる。

    そして平松の退場も大きな流れがうちにくれましたね。上川のミスで失点した直後だっただけに。いったい何しに出てきたんだ、こいつは???


    そんなこんなの優勝。全体としたらグダグダだったものの、それでも普通に勝っちゃうところなんかをみると「強くなったなぁ」という実感が沸いてきましたよ。

    思い起こせば2002年。初めてナビスコの決勝に出たときはみんなして狂ってました。目が血走ってたし、がっついてた。そこから経験を積んで、昨日のような内容でもきっちり勝てるように。

    決勝という舞台で自分たちのサッカーを100%発揮することは不可能でしょう。お互いにそんな厳しい状態におかれるなか、それでも勝ち負けの差がつきます。やっと勝ち組の中に入れたのかな、浦和レッズも。


    そしてマリッチ。ほんとにおつかれさまでした。
    マリッチについては後ほど改めて。


    他にも昨日の試合を最後に退団なさる方も何人もいらっしゃいました。そういう方々皆さんに謝辞を述べたいと思います。

    本当にありがとうございました。


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    さてさて、超長かったシーズンも終わり、次へのステップへの助走もまだ始まってませんが、来期に期待したいことが自分の中では決まりました。

    アジアへ行くことに文句の言われないチームを作る

    昨年の磐田・そして今年のヴェルディー、天皇杯の覇者がそのままACLに出場することについて異論を唱えられつつのアジア遠征。

    そんな周囲の悪いイメージを払拭し、最初からガンガン攻め、圧倒的な力でリーグをナビスコを天皇杯を制し、誰からも文句を言われない成績でのACL出場。これしかないですね。そのためには昨年以上にチームを支えていかなければならないし、昨年以上に注意深くチームを見ていかなければならないなと感じています。


    ・・・
    ・・・・
    ・・・・・

    とはいえ、しばらく休みましょう。一回溜めないと、次が出てきません。

    歳なので正直( ̄□ ̄;)疲れたw。

    皆さん、1年間本当におつかれさまでした。
    昨年出会えた皆様、本当に楽しい1年を過ごさせていただきました。


    さあ、レッツ・バカンス! ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

    スポンサーサイト

    • 2011.09.13 Tuesday
    • 04:45
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      クルックルーは、アジアで失点した。
      そしてアジアに試合するつもりだった?
      そして名古屋へセンスをプレーしないです。
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      改めまして、みなさん新年おめでとうございます。 そして、やったぜ!獲ったぜ天皇杯!ありがとうございます! そして今年もヨロシクお願いいたします。いろいろと。
      • うわの空で書いてみる
      • 2006/01/02 5:03 PM
      元旦、我等が浦和レッズがついに、天皇杯制覇! ちょっと感じたことが多かった、印象
      • イドバタ:浦和レッズ優勝!!やった!よかった!おめでとう!そして一言。 - livedoor Blog(ブログ)
      • 2006/01/03 11:35 AM
      新年あけましておめでとうございます。ワールドカップYearの幕開けですね。2006年はサッカー界が盛り上がりそうですね。このblogも去年、始めたばかりにも関わらず1日89件のアクセスがある日もあり、皆様には感謝しております。今年もワールドカップYearに合わせてblog
      • Oh! Really? 〜with soccer life〜
      • 2006/01/03 12:01 PM
      浦和レッズ、ソシオからアジアのクラブへ いやー、まだ先日のウレシさが残ってますよ
      • イドバタ:浦和レッズ、ソシオからアジアのクラブへ - livedoor Blog(ブログ)
      • 2006/01/09 12:22 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      バナーたち

        
       
      REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      綺麗
      綺麗 (JUGEMレビュー »)
      サザンオールスターズ, 桑田佳祐

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM