スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    歓喜と覚悟

    • 2006.12.01 Friday
    • 13:18
    nakaさんのこのエントリが悔しいので、「限りなき永遠(とわ)の愛」とかいうタイトルにしようかなと思ったんですが、内容がぶれそうなのでやめました。そんなことはどうでもいいですw。


    自分はぬるサポですが、今週なんか落ち着かなくて、ガラにもなく旗なんぞを作っちゃったりして。

    正直言うと、自分のポリシーから外れた行動だなと思ってはいるんです。最後だけ頑張ろうとか、急に特別なことしちゃうっていうのは好きじゃなくて、もっといえば「途中もっと頑張ったら、とっくに優勝してたじゃんか」ぐらいのひねくれた考えもあるわけです。だから、最終戦といえども平常心、平常心を心がけてきたつもりなんですが。

    それでもそわそわしてしまうのは、14年という時の重みか。初めてJを見たのが駒場での開幕戦。リネカーを見に行ったのに、今となってはリネカーのことなんぞは全く覚えてません。あれからもう14年か・・・。

    今週、自分自身でできることを精一杯やって後悔しないようにすごそうと決めて、まぁまぁ達成。体調万全、2003年のナビスコ決勝の時に使った旗を修復、会社を勝手に赤くしw、浦和駅前で寄せ書き。全部ポリシーと反してます。

    まぁ最初だし、ちょっとだけ浮つくのも許してほしいかな。来年からは常にMAXの平常心で戦うので、連覇初年度の今年はちょっと上げた感じでスタジアムへ行こうと思ってます。


    もっというと、浦和レッズは、サポーターが心から勝ってほしいと願う日に、きちっと勝ってみせるチームになってほしいという願いもあります。詳しくは書きませんが、そういうときに裏切り続けてきたのはみなさんが知ってる事でしょう。しかし、そんな浦和レッズが強くなろうと心に固く誓ったのは、きっと福田正博の引退試合。そして浦和レッズを新しいステップに上げるという次の課程は、明日の試合をきっちり勝つことから始まると思うんです。

    もちろん結果が大事。普段通りでいけばそれなりの結果は出るでしょう。しかし、新しいステップへと押し上げるためには、スタジアム・地域みんなの願いが爆発して結実することが必要なんじゃないのかなと考えています。

    ビッグクラブになることはできても、それを100年先まで維持していくことの方がよっぽどの偉業。明日スタジアムへ行く人には、きっとその覚悟が要求されているのではないかと思います。「優勝してしばらく喜べりゃいいな」って程度の意味じゃないと思うな、明日の試合は。


    ここでお願いです。その覚悟をスタジアムの浦和サポーターのみなさん全員で示してみませんか?

    北側ゴール裏では甲府戦・東京戦と、試合前にみんなで手をつないで気持ちを1つにして戦いました。おそらく明日の試合でも気持ちを確認しあうでしょう。

    そこでぜひ南側もメインスタンドもバックスタンドもアッパーも、浦和サポーターどうし隣の仲間と手をつないで、みんなで一緒に新たな浦和レッズの時代を呼び込んでみませんか?

    このクラブを100年先に伝えるために。それは踏み越えたら絶対に下がれないライン、だったらみんなで思いっきり跳び越えた方が、気が楽になりますよ、きっと。勝った後の喜びも倍増します。そうしてスタジアムの気持ちが1つになったとき、自ずとより良い結果を出せる浦和レッズになるために。

    僕らが子供のころにあこがれて見ていたのはACミラン、100年先の子供たちのあこがれのクラブが浦和レッズだったらどんなに素敵でしょう。明日はきっとその第一歩を踏み出した日として、ずっと語り継がれていくに違いありません。そこに立ち会う覚悟、ぜひみんなで表していけたらいいなと思います。


    自分はぬるサポでしてこういう事を呼びかける資格がないので、きっとこんな事を書くことはもうないと思いますが、ここ一番、上に昇るためにポリシーを曲げて書いてみました。これを読んでくれたみなさん、ぜひよろしくお願いします。



    明日の試合は優勝とか皿とかいうよりも、もっと厳しくて大事なものを自ら掴みにいく戦いだと思ってます。だから絶対に負けられない。

    がんばりましょう。

    スポンサーサイト

    • 2011.09.13 Tuesday
    • 13:18
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      このタイトルでピンと来た人はなかなかの通です。 いまさら、平常心で入られるかどうかは別として(つーか仕事しろ) 最終戦でこういった緊張感で迎えられるなんてマジでうれしいっす。 まさに明日の試合は、「胸いっぱいの愛と情熱」をピッチに傾けるべき試合
      • nakaのまったりしたBLOG
      • 2006/12/01 2:47 PM
      浦和レッズファンが待ちに待っていた、Jリーグ優勝を手にした。
      • 生活のキーワード
      • 2006/12/03 12:21 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      バナーたち

        
       
      REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      綺麗
      綺麗 (JUGEMレビュー »)
      サザンオールスターズ, 桑田佳祐

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM