スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    家本さん

    • 2008.03.07 Friday
    • 06:55
    JUGEMテーマ:日記・一般


    いきなり結論ですが、もう転職なさった方がいいのではないでしょうか?



    とはいえ、自分たちに不利な判定に過剰に反応し、敗因を審判に押しつけ、ピッチ乱入者にたいする処分があいまいで、アジアの謎の笛に適応できなさそうな鹿島はこの試合の敗者にふさわしかったというのは言うまでもないのですが、それにしてもなぁ。

    サッカーは人間関係のスポーツ。審判と選手は信頼関係で結ばれているからこそプレーに迷いが出ないわけで、家本さんと選手・サポーターとの間に信頼関係が取り戻せるのかと考えると非常に疑問が。

    審判の発表が家本主審だっただけで、スタジアムに動揺が。選手にもきっと警戒感が。それは試合開始からピークに向かって走り始め、何か事が起こるごとに蓄積され、ある時点までくると爆発する。ちょっとした笛でも抗議とブーイングの嵐。そんな状態でも審判をやり続けることに、何の意味があるのでしょうか。あれだけバッシングされて。

    もう一回研修でレフェリングを見直すのは歓迎なんですが、その前に人生を見直して見た方がいいのでは。まだ若いんだし、もっとむいている仕事があっても不思議じゃないしね。

    スポンサーサイト

    • 2011.09.13 Tuesday
    • 06:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      "選手との信頼関係の構築に"『失敗していない』ので、
      AFCには主審として派遣する、ってあたりが
      言いえて妙、って感じがしています。

      関塚監督に『何か』呼ばわりされてもスルーだった協会、
      鹿が声高に主張するとこれってなんなんですかね~
      • えりぴょん
      • 2008/03/07 11:58 AM
      >>えりぴょんさま
      自分も久保に与えたPK以外は、そんなにひどいジャッジは「今回は」なかったと思っています。ただ、裁きが下手すぎて試合が荒れたのは事実。なんでそうなったかというと、家本氏の態度だったり、過去の行いだったり。

      態度はがんばれば直せますが、過去の行いはそう簡単に消えてくれませんからね。そういう意味で彼はもはや手遅れなんじゃないかと。

      川崎が異を唱えてもスルーしたのに、鹿島には過敏に反応したのは確かにおかしな話ですね。協会の動向はこれからもじっくり観察していかないと。トップがトップなだけに。
      • FlyingGraf
      • 2008/03/08 12:37 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      バナーたち

        
       
      REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      綺麗
      綺麗 (JUGEMレビュー »)
      サザンオールスターズ, 桑田佳祐

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM