スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    FC東京 vs 湘南

    • 2010.10.08 Friday
    • 01:50
    JUGEMテーマ:スポーツ
      ちょっと書くのが遅くなっちゃったんですが、埼玉ダービーの翌日、国立にFC東京vs湘南を見に行って来ました。今日はその感想を。

     湘南といえばまずは都築ですよね。それがなんか元気なく見えちゃったんですよね・・・。控えキーパーだから当たり前かもしれませんけども。それでも練習で久々のツヅキックを見ましたが、やっぱりいいです〜、素敵です。横蹴りからの低い弾道で目標に一直線。気持ちいいです。まだまだ活躍できるゴールキーパーだと思うので、なんとか居場所を見つけてほしいなとは思うのですが。まだまだ湘南に慣れてないのかもなぁって思ったのは、試合前の挨拶がそっけないんですよね。隣で野澤が深々とお辞儀してるのに、都築はすぐに練習を始めちゃう。うちでは声援に軽く応えたら練習してくれみたいな感じだったので、そのクセなのかもと思ったり。そうだ、東京サポーター、先発の阿部吉朗には拍手なのに、控えGKの都築にはブーイングを浴びせてましたw。トラウマがあるのね、きっと。

     試合は終始FC東京ペースでした。それでも前半にあったチャンスで湘南が点を獲れていれば展開も変わったのでしょうが、うーん、点が獲れそうな雰囲気になかったのが・・・。

     東京の勝因は、石川直の尋常じゃない運動量と、キーパー権田の落ち着いたプレーだと思いました。この2人はすごかったなぁ。

     石川直は、何かとりついてるんじゃないかってぐらい動き回ってました。攻撃すればどんどんDFと駆け引きし続けるし、ボールを獲られればどんどん前からプレッシャーをかけてミスを誘っていました。最後はそれで疲れちゃったみたいで交代しましたが、それまでのプレーは大拍手もの。彼が動き出して、それでそのスペースを他の人が使って・・・と自チームのスイッチになるだけじゃなくて、相手もつられて石川直に寄りがちになっていました。そこで逆サイトのリカルジーニョにスペースができて・・・と、攻守両面でこの日の東京には欠かせないプレーヤーだったと思います。活躍しすぎたせいで、目当ての椋原が目立たなくなっちゃいましたがw。

     代表に選ばれた権田ですが、「何で選ばれたんだろう?」っていうのが正直な印象でしたです。だって、数週間前にうちらと試合したときの権田のプレーは、お世辞にもほめられたもんじゃなかったですからね。でも湘南戦で印象が変わりました。ポジショニングがとてもいい。相手が抜け出してきても、素早く詰めて角度を奪いシュートコースを切る動きは大変正確でした。なるほどねって見直しちゃうぐらい。

     彼らだけでなく全体としてみたら、大熊監督になって走る意識・球際で厳しく勝負する意識を思い出したように感じました。数周間前に見てますから、その辺の違いが顕著だったような。もっとキック&ラッシュ的なスクランブル体勢をとるのかなと思ってたんですが、概ねそんなこともなく。ショートパス・ロングパスを効果的に使えてたのかなと。ちとほめすぎかなw。まぁ守備は甘かったし、平山は平山でしたけどねw。

     湘南はなぁ・・・。サポーターは本当に頑張っていたと思いました。声はFC東京サポより出てましたよ。自分はバックスタンドにいたんですが、その気持ちは強く伝わってきました。「自分を信じ〜」っていうロングコールをしてましたが、まさにピッチに伝えたい言葉としてそのものだったんじゃないですかね。それを歌うのは恥ずかしいかもしれませんがw。

     しかし、それは果たしてピッチに伝わっていたのかどうか。少なくとも自分には感じられなかったですけどね。ポゼッションを高めてやりたいと思っていたみたいですが、点を獲ろうと思って仕掛けるとミスして全部とられてしまいました。個々人の力の差が大きい。それならそれで、残留争いをしていて絶対に勝たなきゃいけないわけですから、もうちょっと泥臭く粘り強く守る現実的なサッカーをやってもよかったかなと。あれだと、サポーターとしては、現在のチームの限界を見せられただけなんじゃないですかね。反町監督ご自身はそこそこ評価している試合みたいですが、うーん、逆にそれがどのくらいのサポーターに伝わったのかは疑問です。

     攻撃はともかく、守備が甘い。基本的には中心絞り気味のフラットな4バックで守っていたんですが、石川直につられて全体的に(東京から見て)右に寄りすぎ、サイドチェンジされても切り替えが遅かったです。実際に攻めてくると局面では1 vs 1。隣や前の選手のカバーも薄く、相対しているDFが跳ね返そうとするだけでチーム全体は棒立ち気味になってしまい、セカンドボールがあまり拾えませんでした。あれだと厳しいんじゃないですかね。攻守の切り替えを素早くして、もう少しセカンドボールを全力で奪えるような気持ち・戦術があったら、相手を調子に乗せずにもっと熱い試合ができた気がするんですけどねぇ。

     湘南サポーターが頑張ってただけに、なんとか報われないかなぁと思ってずっとみてましたが、そうそううまくいきませんよね。よく知ってますw。宿命ですよね、サポーターの。

    スポンサーサイト

    • 2011.09.13 Tuesday
    • 01:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      バナーたち

        
       
      REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      綺麗
      綺麗 (JUGEMレビュー »)
      サザンオールスターズ, 桑田佳祐

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM