スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    走らない千葉

    • 2008.05.07 Wednesday
    • 03:08
    JUGEMテーマ:ニュース


    2008Jリーグ第11節 浦和3−0千葉

    千葉のサッカーはかつて(といってもそんなに前の事でもないけど)日本中のあこがれであって、Jだけでなく小中高どのカテゴリにも影響を与える素晴らしいものでした。

    豊富な運動量と一瞬に賭けるスピード。どんどんプレッシャーをかけられ、パスコースをつぶされ、奪われてから鋭いショートカウンター。こちらのラインを下げると怒濤のような連続攻撃。攻め手も守り手も封じられ、どこから攻めてこられるのかわからないという恐怖感と戦いながらの難しい試合・・・。

    今シーズンどんなに低迷していても、赤いユニフォームを見たらがむしゃらに走ってくるもんだと思って警戒していたんですが、始まって10分で悟る。

    「こりゃ、変わったわ」

    Jリーグで最も走らない浦和レッズよりも走ってないんだもの、そりゃ楽ってもの。もっともっと早く点を獲っていれば、あっという間に相手の心をくじいて大勝できた試合。3-0は大勝じゃんかと言われるかもしれませんが、実際の差はもっとあっただけに、前半相手に合わせて低調になったのが悔やまれます。

    そして何よりも勉強になったのは、「チームっていうのは生き物」っていうこと。あんなに走って旋風を起こしてきた千葉が、こんなに変貌してしまうなんて。

    考えてみればそりゃそうだ、「走る千葉」を体現してきた選手もコーチも残っていないんだもの。何でそんなことになったのかっていうのは自分が言及することでないと思いますが、歯車が一つ逆に回り始めると、DNAごと入れ替えてしまうのはあっという間なのかもしれません。

    選手が入れ替わっても、監督が変わっても、DNAさえ残っていれば再生は可能だと思いますが、果たして千葉にそういう要素が残っているのかどうか。

    そんなことにならないように要求するのはサポーターであって、守るのもサポーターであって、支えるのもサポーターなんだよなぁと実感できたのが今日の収穫だと思ってます。

    黄色い棒の間をスイスイとすり抜けていく我が浦和レッズの選手たち。そんな光景がうれしくもあり、寂しくもあり。勘違いしちゃいけないのは、うちらはまだまだこんなんじゃ駄目だっていうこと。棒の間をすり抜けていくのは当たり前のことであって、強さなんて決してまとっちゃいないっていうのは肝に銘じなければなりません。戦術ゼロから始まった今期の浦和レッズのサッカー、なんとなく結果が出ているのかもしれませんが、そう簡単に去年より進化するわけもなく。

    千葉のセンチメンタリズムにつきあってる場合じゃない

    • 2008.05.06 Tuesday
    • 10:00
    JUGEMテーマ:ニュース


    下目線で語るほど、残念ながら俺たちゃ強くない。

    相手よりも真摯で効果的な走りをチーム全体ですることができるかどうかが鍵だと思ってます。

    今日こそきっと・・・

    • 2008.04.20 Sunday
    • 09:18
    JUGEMテーマ:日記・一般


    京都戦での吹っ切れたような運動量と走りっぷりと魂に、近い将来の咆哮をがっちりとたぐり寄せたような気がしています。

    さぁ行こう!高原!!

    2008Jリーグ第6節 浦和 vs 鹿島

    • 2008.04.15 Tuesday
    • 23:30
    JUGEMテーマ:日記・一般
    D1000072.jpg
    前に、「内容は二の次、みたいなサッカーは勘弁」みたいなことを書いたのですが訂正します。

    鹿島には勝てば何でも良い!!

    こう思わせてくれるチームもなかなかないので、貴重な存在かもしれません。

    試合前の
    「鹿島がとんでもなく強いんじゃないか?」
    っていうどことない不安も、試合前のアレで完全に払拭されて楽しく試合に入れたなぁっていう、そんな感じがあります、いま改めて振り返ってみると。

    因果の道理は仏教の真理と、今年法事で坊さんに教わりました。

    ・善因善果
    ・悪因悪果
    ・自因自果

    やっぱりこれは正しいねぇ。

    ---------------------------------------------------

    鹿島はマルキーニョスを軸に、小笠原・本山・ダニーロ・青木が中盤のバランスをうまくとっていて、穴が無くボールをゴールに近づけることすらままならない前半。あ、後半もか。

    しかし、点を獲るのは苦労しても、なんとなくの自信があって点を獲られない気がしてました。科学的に言うと危ない場面連発でしたが、とにかくきっと鹿島神宮の神様からの罰が当たるだろうと思っていたので特に不安はなく。


    浦和は本当に低調な内容。穴がないところに穴を開けるドリルのような役割をする選手がおらず、まわりをうろうろと行ったり来たり。そういう光景は昨年も見られましたが、しかし今年はばたついてるのでなんとも危なっかしい展開に。

    本来なら闘莉王をボランチにして、後ろから勢いよく穴をこじ開ける役目を担うのでしょうが、トップ下起用だったので後ろ向きでボールを受けることが多く、なかなか持ち味が生かせない状況。うーん、この起用法は失敗だったのでは?しかし、萌と啓太のボランチの安定度も抜群だったので、そうすると闘莉王の置き所が・・・って訳じゃないとは思うのですが。

    エジミウソンのとんでもない運動量からしたら、高原1トップのエジミウソンのトップ下の方が機能しそうな気もするのですが、それは高原のところできっちりとボールが収まるという最低条件付き。できそうで、できなさそうで。そんなこんなでこの試合も低調と言わざるを得ない高原のプレーぶりでしたが、でも段々と良くなっているような感じもあり、このままもう少し我慢して使ってあげてほしいなと。

    頑張ってる人は報われるという良い例が高原の目の前に。それは「永井雄一郎」。アクセルホッパーの方じゃないよ。

    ひたむきに練習に取り組み、前線からプレッシャーをどんどんかけていくNEW永井は、勝利の女神様を虜にしてしまいました。そして2得点。これぞ「善因善果」。これなんだよ、鹿島アントラーズ。

    後半、点を取ってからどん引きで、非常に苦しい試合展開。去年はしょっちゅうそんなんでしたが、それが慣れちゃってるのはいいのか悪いのか。
    やっぱ悪いのか。

    終始圧倒的に押されながらなんとか勝った訳で、こんなんで納得するほど浦和サポーターは甘くない。7月に敵地へ乗り込んでまた対戦しますが、そのときは鹿島と五分で戦えるようにみんなで努力しなければなりません。

    そのころには高原が大爆発、手がつけられなくなってるとかになってるといいな。段々とリズムがつかめてきている気がするので、意外ともう少しかもよ。

    ---------------------------------------------------

    さて、明日の京都戦は、なにげにナビスコ予選突破への大事な試合。2試合を練習に使っちゃったので、ここから確実に反撃していかなければ。

    駒場をもう一度聖地に。サポーターの大切さは、十分学んだはずですからね。

    「REOU」の件は、さすがに同情するわ・・・

    • 2008.04.14 Monday
    • 00:35
    JUGEMテーマ:日記・一般


    自分も写真を撮りましたが、いっぱいネットに上がってるからここに掲げる必要はないでしょ。いろいろ見た感じ、これがきれいかなと。

    http://ranobe.com/up/src/up266971.jpg

    もちろん首謀者の人たちは準備したものが無駄にならなくて大満足なのでしょうが、その他大多数の鹿島サポーターのみなさんにとっては萎えるよね、きっと。


    ・なんだかよくわからない文字を持たされ、
    ・あとから聞いたらあんな内容で、
    ・しかも文字位置がグダグダで、
    ・そんなものを掲げたまま「鹿島アントラーズ」コールで大爆笑を呼び、
    ・HTにまた掲げたものの相手は飽きて無反応で、
    ・それで試合にも負ける。。。


    ときたもんだ。うーーむ。


    きみらのチームは頑張ってたよ。よくぞそこまで強くなったもんだ。正直驚いた。しかし、さすがにこれは顔から火が出るくらい恥ずかしいよね。極々一部が半強制的にやらせたことなんでしょうが、誤ってこれに参加してしまった方には敵ながら同情しますわ。


    試合はまたあとで。ビデオを見直してから書きます。

    なでしこリーグ開幕戦 浦和L vs 新潟L

    • 2008.04.13 Sunday
    • 10:18
    D1000062.jpg
    JUGEMテーマ:ニュース


    4-1の快勝。1失点は新潟の10番の選手のものすごいフリーキックによるものなので仕方ないかな。守備も安定していたし、全体的にボールもよく回っていたと思います。

    最初3-5-2で中盤を厚くし、プレッシャーも非常に速くルーズボールへの反応もものすごく速くてガンガン攻めていたんですが、途中から右サイドの土橋選手が下がり気味になっての4-4-2へ。快勝であることには間違いないとしても、途中から落ち着き過ぎちゃったかなっていうのがこの試合の正直な印象であったりもします。

    序盤の攻勢を支えていたのが、保坂選手と柳田選手でした。特に印象的なのは保坂選手。

    攻撃の時も守備の時も、右にも左にも必ず顔を出し、ボールを持っている選手をフォローしたり、相手の速攻をつぶしたり。あれだけ動いたから疲れちゃったのか前半で交代になってしまいましたが、一気にファンになりましたよ。全力でプレーする姿がなんとなく新鮮に感じるのは、そういうプレーに飢えているからかも。

    柳田選手の精力的なプレーはいつも通りだと思いますが、インタビューで本人が言ってたように「楽しそう」に見えました。いままではなんとなく突出した存在に見えていたのですが、今年は楽しそうにやってるなぁ。

    GGRで、「ボールを素早く動かす、魅力あるサッカーをしたい」と村松新監督がおっしゃってたので、楽しみにしていきました。その通り、前半の最初の方はできていましたが、3点獲ってからおとなしくなるのは昔からの浦和レッドダイヤモンズの伝統。もうそんなの気にしなくていいから、ガンガン攻め抜いてほしいな。それと、今のサッカーは体力を思いっきり消耗すると思うので、フィジカルをもっと鍛えないと夏場に大変かも。


    とかいう課題も見え隠れしましたが、今後に期待を寄せることのできるいい開幕戦になったと思います。これからも応援してます!!



    PS.
    キーパー以外の全ポジションをやってのけ、更に点まで取った新潟の10番上尾野辺選手には驚いた・・・。


    2008Jリーグ第5節 磐田 vs 浦和

    • 2008.04.09 Wednesday
    • 11:58
    JUGEMテーマ:ニュース


    まだ今年のユニを買ってなくて、番号を検討中なのですが、自分の中で「17番」が急浮上中。昨年までの「17番」は男子には若干つけにくい番号でしたが、今年の「17番」はゴリゴリ系の男臭い番号。点を獲りにいく姿勢もさることながら、献身的に周りを生かそうとするプレーが、俺が俺がの外国人FWを長いこと見てきたせいか、新鮮でたまらないんですよね。


    やっとこの試合のビデオが見れました。現地で見てても謎が多くて、しかも気分爽快でw、ここに書くのは試合をきちんと見てからと思ってました。


    まぁ正直言って、内容は良くないでしょう、うちは。むしろ磐田の方がうまくいっていた、途中までは。そんな中でも勝てたのは、多少ぎくしゃくしても力づくで結果を出してしまう闘莉王の存在と、対応力のない磐田の起用法。そう考えると、勝つべくして勝ったとも言えるのか。

    DFラインの真ん中にいた闘莉王を中心に据え、バックアップだったはずの彼が誰かを支えるというよりも、みんなが闘莉王をフォローするようになってようやくうまくいくようになるっていうのは、今季入団の高原にしたら不思議な事なのかもしれませんね。

    後半に山田を入れたおかげで成岡をおさえ、平川が左に回って裏を狙い続けることで駒野のポジションを下げさせ、萌を入れて闘莉王のポジションをあげて、といった一連のゲルトの采配は非常にわかりやすく、試合中で選手に監督の意思が浸透しやすくて迷いがなくなるのではないでしょうか。それがゲルトの良いところ。堤の成長を促し、萌の自覚を呼び覚まし、あとは高原と坪井だけって感じなのかもしれません。


    高原はだいぶ動けるようになったと思います。ボールを前に運ぼうとする意欲も感じられましたし、ペナルティエリアのすぐ外で倒されたシーンなんかはかなり惜しかった。しかし、相手DFと競り合うとほぼ完敗。前に出られないばかりでなくボールを失うので、リズムがどうしても作れない。1トップを高原に、1.5列目をエジミウソンにした方が、器用さからいってうまくいくかなとちょっとだけ思いましたが、そもそもボールキープができないとなぁ。

    まぁきっとこれ以上のコンディションの高原をいずれ見ることができると思うし(できるよね?)、こっちも高原コールがしたくてうずうずしているので、なんとか早めに1点を。


    梅崎はもう溶け込んでるからいいでしょ。


    啓太は地味なプレーが多かったものの、新布陣で初めてやったにしてはなかなかいい対応をしてくれたんじゃないかと思ってます。パスカットも多かったし、目立ったミスもなかったしね。



    -------------------------------------------------------

    不可解なのが磐田の采配。

    鈴木秀人をあのDFラインの3人は超えているのだろうか。交代で名波・中山って・・・。いつまで犬塚マジックに頼るのか。

    オシャレ度が全然なくなったなぁ、磐田のサッカーって。若い選手が一生懸命走ってボールを追って、潰して、カウンター・・・っていうのは磐田が築きあげてきたサッカーじゃないのが寂しいです。走るサッカーっていうのは最近のトレンドだし、短いスパンで結果を出しやすいのかもしれませんが、磐田の魅力とはなんか違うような。

    -------------------------------------------------------


    まぁ、磐田のことはどうでもいいや。

    とにかく内容は良くないので、今週の練習でどのくらい修正できるのか。なんせ次は鹿島が相手だし、内容は二の次でとにかく負けないという雑なサッカーをしてしまいがちな気がします。

    いやいや、自分は内容も追いたいですね。

    磐田戦の最初のメンバー = 清水戦とは違ったメンバー で良いサッカーをして勝ちたかった。浦和のサッカーの方向性がカチッと定まると思ったし、自信にもつながるし、強さを取り戻したと言ってもいいんじゃないかと。

    そうならなかったのは残念だし、当面のチームの目標はやっぱり「高原を生かして勝つ」ことなんじゃないのかなぁと思いました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    バナーたち

      
     
    REDS GEIST 大事な時にきっちり勝てるクラブになりたい

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    綺麗
    綺麗 (JUGEMレビュー »)
    サザンオールスターズ, 桑田佳祐

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM